「3Dスキャン」タグアーカイブ

3Dスキャナー Whale でフルカラースキャンに挑戦

すき 0
0

前回は Whale のターンテーブルモードによる3Dスキャンを楽しみました。

3Dスキャナー Whale のターンテーブルモードでスキャン

ここではテクスチャを外部のカメラで撮ってフルカラースキャンに挑戦します。

WhaleはMakuakeにて予約販売中です (販売予定期間:2023/1/5~ 2/27)

 

 

カラーキット

提供いただいたサンプルには外部撮影用のカラーキットも同梱されておりました。

  • 撮影BOX

折り畳み式でUSB給電のLEDライトもついています。

 

  • デジカメ接続用コード、三脚、ブルートゥースカメラコントローラ

 

カラーキット用いたスキャンに挑戦

以下を参考にスキャンに挑戦します。

セッティング

動画を参考にセッティング

ここではスマホを外部カメラとして使用しました。
ブルートゥースカメラコントローラをPCに接続してスマホとペアリングします。
いただいたサンプルではBTデバイス名は”CR-Scan Lizard”でした。

スキャン

前回と同様にテーブルスキャンモードでスキャンを実施しますが、設定は以下のように”テクスチャ”にして”外部のテクスチャマッピングを使用”をチェックして”ブルートゥース使用”を選択します。

 

スキャン後に更に”しゃげき”(ソフトの日本語が少しおかしいww)をクリックして写真撮影します。この時スマホはカメラアプリを起動しておきます。

 

ペアリングしたブルートゥースカメラコントローラからシャッター制御されて自動で写真撮影されます。

 

画像は30枚ほど撮影されました。画像をスマホからPCの任意のファルダにコピーします。

 

スキャンデータを”処理”後に “外部のテクスチャマッピング”タグを開いて、画像を保存したフォルダを選択して写真をサンプル周辺を選択して”切り取り”をクリックします。

 

切り取り後に合成処理が開始されます(結構時間がかかりました)。

なんか少し変だ。。。

 

スキャン追加

テクスチャ生成がいまいちうまくいかなかったので、サンプルの向きを変えて撮影データを増やしてみました。

 

更に2ポーズ追加して合成しました (非常に時間がかかりました)。

顔はいい感じになったけど、完璧ではない。。。

む。。難しいな。。
スマホカメラの撮影角度や画像ファイルのカット選択で変わるのかもしれませんね。。

 

おわりに

今回はWhale のカラーキットを用いてフルカラースキャンに挑戦してみました。

完璧なサンプルが得られませんでしたので、色々試行錯誤や調査進めて勘所を掴んでいきたい所存です。

3Dスキャナー Whale のターンテーブルモードでスキャン

0
0

前回はサンプル提供いただいた3Dスキャナー「Whale」の基本動作を確認しました。

3Dスキャナー Whale のターンテーブルモードでスキャン

 

ここでは3Dスキャナー「Whale」のターンテーブルモードを試してみましたので報告いたします。

WhaleはMakuakeにて予約販売中です (販売予定期間:2023/1/5~ 2/27)

 

 

ターンテーブルモード

上記動画に従ってターンテーブルモードによるスキャンを実行してみます。

 

手順は以下の通り

「プレビュー」で投射赤外線の明るさやレンズとスキャンするサンプルとの距離を調整

「初期化」でサンプルをよけてターンテーブルのみスキャンします、

「スキャン」でサンプルをスキャンします。

スキャン後のデータ処理でターンテーブルが除去されたサンプルのみのデータを得ることができます。

 

ターンテーブルモードによるスキャン

サンプルをターンテーブルにのせてスキャナーをセットします。

 

スキャン用ソフト JM Studio を起動し、”プレビュー” をクリックしてサンプル位置やスキャナー位置を調整します。

 

サンプルをよけて”初期化” をクリックしてターンテーブルのみスキャンします。
正常にスキャンされるとターンテーブルが赤く表示されます。
赤くならない場合は再度プレビューで明るさやレンズ距離を調整してください。

 

次にサンプルをターンテーブルに載せて”スキャン” をクリックしてスキャンを実施します。スキャンは自動で停止します。

 

スキャン後は以下のようにターンテーブルのみが赤くなったスキャンデータが表示されます。

 

“処理” をクリックすると3Dデータが生成されます。この処理によって”初期化”で抽出されたターンテーブルが除去されます。

死角があるため、スキャンしきれていない箇所があります。

追加スキャン1

“追加” をクリックしてサンプルの向きを変えて再スキャンします。

 

スキャン後に”アライメント” をクリックして先ほどスキャンしたモデルと結合します。
結合はソフトウェアによって自動で実施されます。手動での結合も可能です。

以下が結合後に生成された3Dデータです。

かなり精度が向上しましたが、足がイマイチです。

追加スキャン2

“追加” をクリックしてさらにサンプルの向きを変えて再再スキャンします。

 

合計3個のスキャンデータを結合して3Dデータを生成しました。

足もバッチリ!
向きを変えた3個のスキャンデータで非常に精度よく3Dスキャンデータを取得することができました。

 

テクスチャ スキャンモード

スキャンモードを”テクスチャ”にすると赤外線カメラによる画像も保存され、3Dデータにテクスチャとして保存されます。

 

テクスチャモードで先ほどと同様にスキャンして生成されたデータが以下です。

赤外線による画像データの為、テクスチャは白黒です。

 

違うサンプルでも試してみました。いい感じ♪

 

おわりに

ここでは Whale のターンテーブルモードによる3Dスキャンを楽しみました。

サンプルの向きを変えて死角なくスキャンすることで精度の高い3Dデータを取得することができました。

テクスチャ スキャンモードで外部カメラを指定できるようなので次回はフルカラーの3Dモデル生成を目指したいと思います!

次の記事

3Dスキャナー Whale でフルカラースキャンに挑戦

3Dスキャナー Whale を使ってみた

0
0

なんとCR-Scan Lizardに続き、3Dスキャナー「Whale」をサンプル提供していただきました!ありがとうございます!!

3Dスキャナー「Whale」を ありがたく使用させていただき、弊ブログにて使用法を勉強しながら色々報告できればと考えております。

 

WhaleはMakuakeにて予約販売中です (販売予定期間:2023/1/5~ 2/27)

 

 

Whale

短距離用と長距離用の2つのレンズが搭載されいるので、15mmから2mほどまでのワイドレンジのスキャンが可能とのことです。

開封の儀

立派なケースに入っています。

 

ケースにはスキャナ本体とターンテーブル、電源・ケーブル、三脚が入っています。

 

スキャナーとターンテーブル。本体には本当にレンズが2つ搭載されています。
ターンテーブルはUSBケーブルで給電し回転します。

 

スキャナー用の電源プラグはアタッチメントが各種用意されており、日本用を装着。

 

専用ケーブル。スキャナー用コネクタ、電源コネクタ、PC接続用USBコネクタが一体となっています。

 

三脚

 

マニュアルやスキャン用ソフトは同梱のUSBメモリに入っていました。

 

参考

 

3Dスキャン

セッティング

以下を参考にセッティングしました。

スキャン実施

スキャン用ソフト JM Studio を起動し、ここでは”スキャンを開始”を選択

 

設定の”スキャナ”タブで”Whale”を選択。

 

ターンテーブルにサンプルを載せて簡単スキャンモードでスキャンを試してみました。

 

スキャン結果は以下のようになりました。

 

“処理”をクリックするとobjファイルやstlファイルなどの3Dデータが得られます。

 

おわりに

ここではサンプル提供いただいた3Dスキャナー「Whale」を試してみました。
セッティングして基本スキャンまで確認できました。

次回は”ターンテーブルモード”でより精密なスキャンに挑戦したいと思います。

またせっかく広範囲のスキャンもできるようなので大物のスキャンにも挑戦したいです。

また報告させていただきます!

次の記事

3Dスキャナー Whale を使ってみた

3Dスキャナー CR-Scan Lizard で黒いサンプルをスキャン

0
0

前回はCR-Scan Lizardで取り込んだ3Dデータの加工の検討を実施しました。

3Dスキャナー CR-Scan Lizard を使ってみた

 

ここではスキャンの際に注意が必要であった黒いサンプルのスキャンについて報告いたします。

CR-Scan LizardはMakuakeにて予約販売中です (2022/4/1~ 5/30)

 

 

黒いサンプルをスキャン

背中が黒いペンギンをスキャンしてみました。

 

動画のようにスキャン時の赤外線照射輝度(Brightness)をデフォルトの2から3に上げることで無事にスキャンできました。

 

照射輝度は1~4で選択可能です。
スキャンするサンプルや環境によって輝度の調整が必要になる場合がありそうです。
プレビュー時によく確認するのが良いと思います。

 

おわりに

赤外線照射輝度を調整することで黒いサンプルでも出来ることがわかりました。

パソコンとCR-Scan Lizardを携えて、街のオブジェをスキャニングにお出かけしたい気分になりますね(怒られるか?)。

3Dスキャナー CR-Scan Lizard による3Dデータを加工してみた

0
0

前回は3Dスキャナー「CR-Scan Lizard」でハンドスキャンを楽しみました。

3Dスキャナー CR-Scan Lizard を使ってみた

 

ここではスキャンして得た3Dデータの加工について検討します。

 

CR-Scan LizardはMakuakeにて予約販売中です (2022/4/1~ 5/30)

 

 

3Dスキャン

まずは以下をCR-Scan Lizardで”Table Mode”でスキャンします。

 

スキャンして得た3Dデータは以下の通り

 

3Dデータ加工

今回はスキャンしたデータをそのまま3Dプリントするのではなく加工をしたいと思います。

ガンダムヘルメット生成

ガンダムヘッドをヘルメットとしてみたいので、顔にマスキングテープを貼って、3Dスキャンしてみました。

 

 

スキャンで得たSTLファイルをFusion360にインポートすると以下のように細かいメッシュボディとして取り込まれます。

 

 

加工するにはソリッドデータにする必要がありますが、このまま変換するとメッシュが細かすぎてデータが大きく処理できません。
メッシュタブ → 修正 → 削減 でメッシュ数を減らします。

 
形状が維持される程度にメッシュを減らします。

 

メッシュタブ → 修正 → メッシュを変換 でソリッドボディにします。

 

 

ソリッド化したガンダムヘッドのマスク部をくりぬきました。

顔はめ込み

前回スキャンした長男くんの顔をはめ込んでみます。

顔をメッシュボディの状態で位置と縮尺を合わせました。

 

位置決定後にはみ出したり不要な個所を平面切断で除去します。
この際にメッシュ閉じていないと警告が出ますので、警告に従ってメッシュボディを閉じます。

モデル一体化

顔のメッシュボディもヘルメットと同様にメッシュを削減してソリッド化しヘルメットと接合しました。

接合時に “複数ボディのプール演算に失敗しました” などエラーが出たので、両ボディの接合部の小さな突起や異常な面を埋めたり除去したりでやっと一体化できました。

 

3Dプリント

完成したモデルを3Dプリントしました。

 

いい感じでございます。

 

炭素冷凍

孫悟空のプラモデルをハンドスキャン。

 

 

 

Fusion360で長方形に埋めて。。

 

 

レンダリングであっという間に炭素冷凍

悟空はメッシュボディのままなのですぐに完成

 

おわりに

ここではCR-Scan Lizardで取り込んだ3Dデータの加工の検討を実施しました。

データ量が大きく、モデルも細かいので加工に時間がかかりましたが
これは現状では慣れていくしかないかなという感じです。

将来的には3Dスキャナも現在の3Dプリンタほどに普及して 、複雑な3Dモデルでもキレイな平面や曲面で表現された軽いCADデータに変換されるようになっていると想像します。

次の記事

3Dスキャナー CR-Scan Lizard で黒いサンプルをスキャン

3Dスキャナー CR-Scan Lizard でハンドスキャン

0
0

前回はサンプル提供いただいたポータブル3Dスキャナー「CR-Scan Lizard」で生まれて初めての3Dスキャンを楽しみました。

3Dスキャナー CR-Scan Lizard を使ってみた

付属のターンテーブルを使用してスキャナ固定でスキャン実施しましたが
ここでは手持ちでハンドスキャンを試してみました。

 

CR-Scan LizardはMakuakeにて予約販売中です (2022/4/1~ 5/30)

 

 

ハンドスキャン

ソフトを起動して”Hand Scan”を選択。

 

スキャナを手で持って”Scan”をクリックします。
最初にカウントダウンが表示されます。
スキャナ位置を認識させるためにスキャンスタート地点で固定しカウントダウンの終了を待ちます。

 

 

カウント終了でスキャンが開始されますので、スキャナをゆっくり動かしてサンプルスキャンを実施します。

長男くんをスキャンしましたww
スキャン中にサンプルが認識できなくなるとエラー表示され、スキャンできなくなりますが再度サンプルが認識されるとスキャンできるようになります。

サンプルが動くのでかなり難しかったですww

 

3Dプリント

スキャンしたモデルを3Dプリントしました。

すげー!!
長男くんだwww

 

 

おわりに

ここでは3Dスキャナー「CR-Scan Lizard」でハンドスキャンを楽しみました。
ターンテーブルによるスキャンより難しかったですが(サンプルが動くためw)、大きなものをスキャンできるので非常に有用です。

しかしマーカーもなしにここまでできるのは本当に驚きです。

ドンドン活用していきたいと思います!

次の記事

3Dスキャナー CR-Scan Lizard による3Dデータを加工してみた

3Dスキャナー CR-Scan Lizard を使ってみた

0
0

なんとCreality社のポータブル3Dスキャナー「CR-Scan Lizard」をPR担当者様よりサンプル提供していただけちゃいました!

早速ありがたく使用させていただきましたので報告いたします!!

 

CR-Scan LizardはMakuakeにて予約販売中です (2022/4/1~ 5/30)

 

 

CR-Scan Lizard

開封の儀です。

 

専用バッグにスキャナーとターンテーブルが入っています。
ターンテーブルの台には座標認識用のいろいろな大きさのアルファベットが書かれています。

 

スキャナー用の電源プラグはアタッチメントが各種用意されており大変グローバルです。

 

マニュアルやスキャン用ソフトは同梱のUSBメモリに入っていました。

 

スキャナー用のシリコンカバーも用意されており、持ち運びもできそうです。

 

 

3Dスキャン

セッティング

早速マニュアルを参考にしつつ生まれて初めての3Dスキャンに挑戦です!

ターンテーブルはUSBマイクロケーブル給電でゆっくり回転します。

スキャナーは同梱の三脚で固定し専用ケーブルでACアダプタから給電してUSBケーブルをパソコン (Windows) に接続します。
スキャナー電源用にUSB-Cケーブルも同梱されていましたのでACアダプタの代わりにPD 給電も可能です (12V)。

スキャン実施

スキャン用ソフト CRStudio を起動し。ここでは”Table Mode”を選択

 

 

“Preview”をクリック

 

ターンテーブルにサンプルを載せてプレヴュー画面をみながら、カメラ位置を調整し固定します。
“Stop”クリックで終了します。

 

 

まずはサンプルを取り除いて”Initial”をクリックし、ターンテーブルのみをスキャンし位置を認識させます。

 

“Stop”クリックで停止。

 

 

サンプルをターンテーブルに載せて”Scan”をクリックしスキャニングを開始します。

 

1周スキャン後に自動的にスキャンが終わります。

 

 

1回のスキャンでは足裏など見えない部分もあるため、サンプルの方向を変えて2度目のスキャンを実施します。
“Append”→”Scan”をクリックし2度目のスキャニングを開始します。

 

2回目はサンプルを寝かせてスキャンしてみました。

 

1周スキャン後に自動的にスキャンが終わります。

 

 

スキャン結果から3Dモデルを生成します。
“Process”をクリック

 

表示されたウィンドウの”Process”をクリックします。
(ここでは”Texturemapping”にもチェックをいれました。3Dモデルを作成するのみの場合には必要ありません。)

 

2回のスキャン結果が自動で重ね合わされモデルが生成されます。赤はターンテーブルでモデル化の際に除去されます。
生成結果が問題ない場合は”Next”をクリックしモデル生成を実施します。(“Manual alignment”で手動でのモデル合成処理も可能です)

 

しばらく待つとモデルが生成されます。指定通りテクスチャも生成されています。
“Export”でobjファイルやstlファイルで3Dモデルを出力できます。

 

非常に容易に3Dモデルが生成され非常に驚きました。

 

作成モデルを3Dプリント

生成されたモデルを3Dプリントしてみました。

 

先ほど3Dスキャンで生成したstlファイルをそのまま出力しました。
すごい!まるまるコピーされて大興奮です!。

 

 

他のサンプルでも試してみました。

 

同様にスキャンモデル生成。簡単!!

 

はい完コピ!!

 

色も塗ってみた (油性ペン)

 

おわりに

ここではサンプル提供いただいたポータブル3Dスキャナー「CR-Scan Lizard」を試してみました。
生まれて初めての3Dスキャンでしたが、ソフトの使用感も良く非常に簡単に実施できてしまいました。

CR-Scan Lizardによって、今後の制作活動の幅が非常に広がりそうです。
3Dプリンタを導入したときにも感じた急な未来が我が家にやってきた感が今回も強いです 😀

ターンテーブルを使用しない (ハンドスキャンモード) で大きなサンプルもスキャンできるようなので、
今後さらに勉強して色々試してみたいと思います。

 

次の記事

3Dスキャナー CR-Scan Lizard による3Dデータを加工してみた