「コスプレ」タグアーカイブ

ダンボール キングギドラ コスプレ衣装の製作

去年はゴジラのコスプレでハロウィンパレードに参加して楽しんだ長男くん

ダンボール ゴジラ コスプレ衣装の製作

今年も半年以上前からハロウィンに どんな格好するかをいつも考えていたのですが。。。
残念ながら今年はハロウィンイベントが中止。。。

それでもずーっと楽しみにしていたのでコスプレ衣装の製作は実施いたしました。

 

 

製作準備

設計図。
今年はキングギドラになりたいとのことで夏ぐらいから計画していました。

部材購入

セリアでアルミロールシートとスティック状のプール浮き輪、PPシートを購入しました。

 

全身タイツ。大変似合っている。

 

製作

各パーツの製作過程を報告いたします。

ボディ

ダンボールにアルミロールシートを貼り付け、クリアイエロースプレーを塗って
ギドラの金色を表現しました。

 

PPシートを切って、ダイソーの金色ラッカースプレーで塗装しました。
なかなかきれいなゴールドを表現できました。

しっぽ

スティック状のプール浮き輪を切断し、アルミロールシートを巻き付け
クリアイエロースプレーで塗装し、ひもを通してしっぽを構成しました。

しっぽ先端にはダイソーで買った金色のハロウィンの装飾を付けました。

頭 両サイド

ギドラの両サイドの頭は手にはめます。

ダンボールで制作し、口はマグネットボタンで可動するようにしました。

 

頭には電飾を内蔵します。

 
目は赤LEDで光らせ、口の中にはフルカラーLEDテープを仕込みます。
CdSセルで周囲の輝度から口の開閉を検知してLEDテープをON/OFFさせます。
制御にはAdafruit Trinket M0を採用しました。

下あご内部はLED光が反射するようにミラーフィルムを貼っています。

 


 

頭 真ん中

センターはあたまにかぶります。

 
両サイドの頭同様に電飾を施します。
マイコンにはESP32を採用しBLEを介してスマホで口の開閉、LEDの色を制御できるようにしました。

 

 

完成

完成して装着して気づいた。。

これどうやっておかし受け取るの。。。?

でもまぁハロウィンイベントないし今年はトリートなしで残念でした 🙁 。

来年リベンジだ!!

オバケちゃん コスプレ衣装の製作

去年のハロウィンは手作りは嫌だということで市販の仮装衣装で挑んだ長女ちゃん。しかし今年は自らオバケの被り物で仮装したいと提案してくれました!お父ちゃん歓喜 😀 

去年はLEDでピカピカに光った長男くんロボットが目立ちまくって長女ちゃんの競争心が芽生えたようで,、長男くんよりお菓子をもらうのだと鼻息を荒げていましたw

☟まずは動画をご覧ください!

以下に製法を記します。
 

 

 

材料

長女ちゃんと一緒に材料を買いに行きました。布を布屋さんで、その他の材料はダイソーで揃えました。

材料の詳細は以下で随時ご説明させていただきます!

頭部

着ぐるみっぽくするために頭部はドーム状にしたくて、かなり工夫しました。

比較的しっかり形状をたもてて かつ加工しやすい材料をダイソーでさがしてみたところ最適なものを見つけました。

ヨガマットです!

600円もしましたが172 cm × 61 cmで0.6cm厚と大サイズのウレタン素材です。これは本当にいいものを見つけました!

ドーム状にするために以下の半球を生成する型紙を利用させていただきました。


半球展開図10分割 直径100cm - 楽しくお洋服を作ろう!USAKOの型紙屋さん

直径100cmの型紙ですので60%の縮尺で印刷して半径60cmの半球にします。

型紙に沿って10個のパーツにヨガマットを切り出してボンドで貼り付けます。

 
ドーム形成後、木工用ボンドを縫って少し硬めにしました。


 

 

かぶるだけで光ったりしなくていいと長女ちゃんは言うのですが、そんなことでは長男くんゴジラには勝てないので勝手に目はLEDテープで構成しました。

構成

LEDテープを左右に5 × 7でジグザクに配列しました。信号を2パラで入力して同じ動作をさせています。

部品

  • マイコンAdafruit Trinket M0

     
  • LEDテープ

Arduinoコード

以下のライブラリを使用しています。
 https://github.com/adafruit/Adafruit_NeoPixel
 https://github.com/adafruit/Adafruit-GFX-Library
 https://github.com/adafruit/Adafruit_NeoMatrix
 

ランダムでバツの点滅や目の色や瞬き、♡表示を行っています。
マトリクスライブラリは文字表示なども簡単にできるので非常に便利です。詳細は以下のブログも参照ください。

スマート靴占い 『 IしたoTんきになぁ〜れ 』

 

 

LEDの目をドームに貼り付けて、口の穴をあけて頭部完成!

 

 

仕上げ

ドームに布を貼り付けます。1.1m × 2.1mの布を筒状に縫って、ドームに縫い付けました。

 
ドーム上部は布に切り込みを入れて、木工用ボンドで貼り付けました。口の穴は切り抜いて裏に黒メッシュ布を張りました。ダイソーで去年かった魔女帽子も貼り付けました!

LEDもいい感じに透けてばっちりです!

すそは数センチほど縫って中にダイソーで買ったフラフープを入れています。

 

しかし。。。

手がないためお菓子がもらえないことに後日気づいて、急遽手をはやしましたww

 

めっちゃかわいい 😆 !!!

 

ダンボール ゴジラ コスプレ衣装の製作

今年のハロウィンは長男くんが恐竜になりたいというので、せっかくなら背びれや胸がオドロオドロしく光るゴジラがいいのではということでダンボール ゴジラ コスプレ衣装を製作しました。

☟まずは動画をご覧ください!

ダンボールのベースは去年のロボットを流用しました。リサイクルで環境にも優しいです。

Hey!バス・ストップ

以下に製法を記します。

 

 

ゴジラの目としてAdafruitの目玉アニメーションコードを利用しました。


Adafruit Hallowing - Adafruit Learning System

2つのディスプレイに目を表示させて、I2Cで目の動きを同期させます。

構成

マイコンにAdafruit ItsyBitsy M0 Expressを使用してSPIでディスプレイを接続して、I2Cでマイコン間の通信をして表示を同期します。I2CのSDA, SCLピンのプルアップ抵抗(4.7kohm)は忘れないように注意しましょう。

 

部品

  • マイコン Adafruit Itsy Bitsy M0 Express

     
  • 1.8インチ TFTディスプレイ 128*160ピクセル

     
  • スライドスイッチ

Arduinoコード

目ん玉アニメのライブラリは以下にアップされています。
 https://github.com/adafruit/Uncanny_Eyes

また以下のライブラリの追加も必要です
 https://github.com/adafruit/Adafruit-GFX-Library
 https://github.com/adafruit/Adafruit-ST7735-Library
 https://github.com/adafruit/Adafruit_ZeroDMA

 

コード修正

使用するマイコンとTFTディスプレイ用にコード修正加えます。I2Cで同期するための設定も追加しました。

 

config.h の修正

  • 18, 19行目

    表示する目としてdragonEye.hを選択 

  • 31行目

    コメントアウトして起動時のロゴ表示をなくす。 

  • 48, 49行目

     左右のディスプレイCSピン指定、瞬き外部ボタン不使用(-1)、ディスプレイ描画回転

  • 80-83行目

     SSD1351.hをコメントアウトして、ST7735.hのコメントアウトを解除。
    TFTリセットピンを デジタル4ピンに変更しました。

    表示映像同期用I2C設定として受信側はA2ピンをGNDで判断しアドレスを0x08とした。
     

  • 127, 128行目

    瞬きボタンを無効にして、瞳孔の大きさを決めるピンをA2からA1に変更。

     

uncannyEyes.ino の修正

  • 171行目

    128*128ピクセルのTFTディスプレイ用のプログラムなので→128*160用に修正します。 

  • 367行目

     同様に128*160用に修正します。

参考

頭部

去年のロボットの頭部を加工して目のディスプレイを埋め込んでゴジラの頭を作製しました。

 

歯を発砲スチロールで削り出します。

 

歯を付けて黒く塗って完成!

下あごはダイソーで購入したマグネットボタンでサイドを固定して上下に可動し取り外しも可能にしています。

 
電池は頭部後ろに仕込みました。

しっぽ

ゴジラのしっぽには無数のヒレがあるのでプラダンで作りました。

 

 

4つのダンボール箱をヒモでつないでしっぽを繋いでヒレの下にテープLEDを仕込みました。

プラダンのヒレの両サイドは黒のカラーボードで挟んでグルーガンで接着固定しております。

 


 
 

胴体

胴体も去年のロボットのものを再利用しました。

全面はLEDを赤くぼんやり点滅するようにして綿を貼り付けて上から黒い布を乗せました。いい感じで光が拡散します。

背中にはしっぽ同様にヒレを付けてLEDで光るようにしました。

 

手足

手は古い手袋を加工、足はダイソーのスリッパを加工しました。爪はプラダンで作って縫い付けました。

放射火炎

ゴジラの放射火炎を霧吹きにLED光を当てて再現いたしました。

構成

霧吹きのトリガを曲げセンサで検出してLEDを光らせます。

部品

  • マイコン Adafruit Trinket 3.3V

     
  • 曲げセンサ

  • LEDリング 16セル

     
  • リチウムイオンポリマー電池 3.7V 110mAh

Arduinoコード

曲げセンサの曲げによる抵抗変化をアナログ1ピン(GPIO2)で検出してLEDリングを発光させています。

 

 

 

動作

 

水噴射の冒頭に赤を一瞬挿入することで爆発力とエネルギーの移ろいを表現しました。

 

 

 

HomeMadeGarbageのハロウィン2018

今年のハロウィンは家族みんなでコスプレして全身で楽しもうと、かなり前から準備して臨みました!

街のイベントと近所のイベントの2箇所パレードに参加して、二日間大いに楽しみましたよー。疲れたけど。。。

長女ちゃん

日に日に大人になっていく長女ちゃん。手作りの衣装は嫌だとのことで(少しさみしい 😥 。。。)、ドンキホーテで購入した黒魔女に変身しました。

ダイソーで買ったヤリとランタンもって、とっても可愛く仕上がりました。ピンク色のエクステやマニキュアもハロウィン仕様で綺麗に施して、ホントにどんどん成長していくねぇ。めっちゃかいいわ-(親ばか)

長男くん

長男くんはダンボールロボットに変身しました。

手作りしてLEDでキラキラにしましたよ。夜に映えました!

自作ダンボールコスチューム 機動製紙ダンボル

すんごく目立って、多くの方が足を止めて「かわいい、かわいい」と言ってくださいました。本人もニンマリご満悦の様子♪楽しかったねー。

お母ちゃん

お母ちゃんは謎のキャラクター ヒトミちゃんに変身。

マスクはダイソーのものを加工してLED目ん玉で装飾してます。

ハロウィン用 LED マスク『ヒトミちゃん』

首には目玉がギョロギョロするペンダントを付けています。

Adafruit ItsyBitsy M0 Express で目ん玉ペンダント

待ちゆく人々からは「何だあれは?」と素晴らしい反応を得ることができました。意外と怖がられることはなくハロウィンって普通じゃない異常状況なのだなと認識いたしました。

紫のパーカーはドンキで購入。フードのふちと前チャックが青く光ってサイバー感を演出しました。

ELEX光るパーカー 紫 女性用 レディース 仮装 コスチューム
価格:3662円(税込、送料別) (2018/11/1時点)

楽天で購入

お父ちゃん

お父ちゃんは  “キング・オブ・ダークネス” EVIL になりました。

ダークネスな大鎌を自作し、

“キング・オブ・ダークネス” EVIL の鎌を自作

また、闇の光線と光を出す手袋も制作しました。

ニット配線 と BNO055 で“キング・オブ・ダークネス” EVIL の闇の光を放つ手袋を自作

服はもちろんLOS INGOBERNABLES de JAPON グッズで統一しました。

L・I・J パーカー(ブラック×ライトブラウン)
価格:5500円(税込、送料別) (2018/11/1時点)

楽天で購入

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン Tシャツ(ブラック×レッド)
価格:3000円(税込、送料別) (2018/11/1時点)

楽天で購入

多くの方に「EVILだ!」と反応いただき、何度か一緒に撮影もしてもらえました♪

EVIL意外と知名度あるね。さすがは闇の王 👿 

総括

家族みんなコンセプト バラバラww

来年はなんとかみんなの共通項見つけて、統一感をだせればいいなぁと考えています。まぁみんな違ってみんないいってのが我々HomeMadeGarbageなんだけどね。

 

夜になるとどうしてもキラキラ光る衣装が目立ってしまうので、長女ちゃんが若干気分を害する場面も。。。ww

来年は手作りでいこーや。ちゃんと可愛くするから(多分。。)。

あとハロウィンでも意外とお菓子もらえないものだね。。あげるチャンスも少なかったし。。

もともと子供のための催しなので、来年はもっと積極的に子どもたちにお菓子あげて そして貰おう!

兵どもが 夢の跡。。

二日間お疲れ様でした!

自作ダンボールコスチューム 機動製紙ダンボル

子どもたちのハロウィンの仮装どないしようかと相談したところ、長女ちゃんはお年頃になりつつあり、手作りは嫌だとのことで(泣きたい。。。)、9月終わり頃にみんなでドンキホーテに衣装を買いに出かけました。

長女ちゃんはお気に入りの魔女の衣装を見つけて購入。ついでにおばけの人形も欲しいと言うのでお小遣い前借りして購入。。。

長男くんはこれがいい!と

ダンボールコスチュームを選択。。。これ大人用なんだよなぁ。。。どうしてもこれがいいときかないので。。。
よし!お父ちゃんが作ったる!

ってことで長男くんのハロウィン衣装はダンボールロボットに決定!せっかくだからLEDテープでカッコよく光らせるようにしました!(結局ドンキでは長女ちゃんの衣装しか購入しませんでした。)

機動製紙ダンボル

早速完成品を御覧ください。

バカバカしいけど、かわいいでしょ 😆 

以下が事前に描いた設計図。若干作りながら変更したけど大体は想定通りにできました♪

以下に制作過程を記載します。

 

 

ダンボールを切って組立てて

マイコンと電池、スイッチを内部にグルーガンで固定

LEDテープを貼り付けてマイコンに配線します。足の底面を赤、側面を白く光らせました。

強度を増すために表面に木工用ボンドを塗って乾かします。乾いたら透明になってニスを塗ったようになります。

長女ちゃんの古くなった長靴にかぶせて完成!

構成

部品

  • マイコン Arduino Pro Mini 5V/16MHz

     
  • LEDテープ NeoPixel

     
  • 電源スイッチ

      
  • 9V電池
    ソケットは以下を使用しました。

Arduinoコード

LEDは輝度を乱数で振って、キラキラ瞬くようにしてます。カワイイかと思って。

ダンボールで手を通す穴を開けた箱を作って、内部に部品を固定し、LEDテープ貼って完成。

LEDテープは白く光らせます。

足と同様に表面に木工用ボンドを塗って乾かします。

構成

部品

  • マイコン Digispark

Digisparkの詳細は以下参照ください

Hey!バス・ストップ

その他の部品は足と同様です。

Arduinoコード

足と同様に乱数でLEDをキラキラさせてます。

 

 

例のごとく、ダンボールで作成

内側に部品を固定して

組み立てて、LEDテープを貼り付けてマイコンに配線します。

頭に固定するためにゴム紐と透明塩ビ半球をグルーガンで固定します。帽子のようにかぶれるようにしました。

こちらも木工用ボンドを塗って乾燥。

構成

部品

  • マイコン Adafruit Trinket 3.3V

     
  • 透明塩ビ半球 径150mm
    頭固定用に使用

あとは足、手と同じ部品です。

Arduinoコード

14セルのLEDテープの最初と最後の5個づつを白く、真ん中の4つを赤く光らせてます。

もう説明の必要はありませんね。。。↓こうしました!

上がパカッと開いて、肩でマジックテープ固定できるようにしました。

構成

部品

  • マイコン  Adafruit Pro Trinket 3V/12MHz

あとはおなじみの部品です。

Arduinoコード

 

 

おわりに

10/27土曜日の札幌大通りのパレードに参加するべく2日前から早朝と夜中に必死に作りました。当日ギリギリで完成して一安心。 家にあるもので作ったので各部マイコン機種バラバラですww

色んな人にカワイイ可愛いの声を頂きご満悦の長男くんなのでした♪

翌日も近所のパレードに参加して足はボロボロになりましたとさ。。。

“キング・オブ・ダークネス” EVIL の鎌を自作

もう10月。毎年思うけど一年早すぎる!

ハロウィンが目の前に迫ってきていますね。去年は家族大半体調不良で断念しましたが今年はみんなで仮装してトリック・オア・トリートの予定でいます!

私 お父ちゃんの人生初の仮装は “キング・オブ・ダークネス” EVIL に決定いたしました!EVILといえば入場時に携えるでかい鎌。

これ持って街を闊歩したい。。。100均のちっちゃい鎌じゃ嫌だ。。。よし!作ろう!

参考

といってもお父ちゃんに武器制作のスキルはあるはず無いわけで。。。ググりにググったよね。んで見つけました!

コスプレ造形Youtuberのギャクヨガさんのチャンネルを見つけたのです!この方の動画めちゃくちゃ参考になりました。ド初心者の私にもそれなりの作品が作れたのだから!

しかもギャクヨガさんロスインゴファンっぽいんだよなぁ。帽子かぶってるし。パレハー!

こちらの武器工作動画を元にEVIL鎌の制作に取り掛かりましたので以下 制作過程を紐解かせていただきます。

EVIL 鎌 制作過程

鎌のベース準備

参考動画を見習って鎌のベースを作ります。

持ち手に180cm φ1.6cmの園芸支柱、刃は工作用紙を使用します。それぞれダイソーで購入しました。

工作用紙を鎌の形に2枚切ります。鎌本体の根元を光らせたいのでカプセルも埋め込みます。写真は青のカプセルですが実際は赤いカプセルを使いました(近所のスーパーのガチャガチャコーナーのゴミ箱から頂いてきた。。)。

鎌 発光部作成

赤カプセル内にテープLEDを仕込んで光らせます。

 

回路構成

部品

  • マイコン Digispark マイクロ USB 開発ボード

    マイクロUSBのタイプがあったので購入しました。通常のDigisparkと全く同じように使えました。
     
  • LEDテープ  NeoPixel

     
  • ON/OFF スイッチ
     

発光部

それぞれ配線して、チョコベビーのケースに収めました。

明治 チョコベビー 32G
価格:118円(税込、送料別) (2018/10/11時点)

楽天で購入

Arduinoコード

ぼんやりLEDテープが赤紫に光るようにしました。

ベース作成

カプセルを発泡スチロールボードの穴に入れて工作用紙に接着し、鎌の上部は曲がる園芸支柱を曲げながらグルーガンで付けて補強します。もう一枚の工作用紙の鎌も接着します。支柱部はグルーガンで接着し紙同士はボンドG17を使用しました。

発泡スチロールボードと曲がる園芸支柱もダイソーで購入しました。
 

動作

じんわりLEDが点滅します。

装飾部品作成

ツノ取り付け

ツノを発泡スチロールで作ります。カッターと発泡スチロールカッターで削り出していきます。

発泡スチロールカッターもダイソーに売ってました。なんでもあって本当に便利!

削ったツノはチャッカマンで表面を軽く炙ってなめらかにします。ツノを鎌にグルーガンで取り付けます。

また発光部の周辺と鎌の上部にはダイソーのカラーボードを切って接着し装飾を施しています。

 

鎖と十字架作成

ダイソーのカラーチェーン(2個)で鎌を装飾します。

カラーボードで十字架を作成。エッジは斜めに角を落としています。

ダイソーの銀色アクリルスプレーで塗装しました。

十字架に穴を開けてチェーンを通して完成です。

 

持ち手装飾

持ち手の先と末端に布切れを巻き付けて雰囲気出しました!

 

鎌の塗装

カプセルにマスキングテープを張って、軽く水を含ませた木工用ボンドを鎌全体に塗りました。3回ほど乾かしては薄く塗りました。

銀色、黒、灰色のスプレーを使用しました。

慣れないの結構垂れてしまいました。。。経験が必要ですね。まぁなんとか完成!

カプセルのマスキングテープを剥がして、光を拡散させるために乳白色のグルーガンでコーティングしました。

スイッチONでぼんやりと点滅します。

完成!

鎖をいい感じに巻いてグルーガンで固定。で完成!

高さ 216cm、刃渡り 80cm、重さ 1.0kg。。。でかい!

作るのでイッパイイッパイで持ち運びのこと全く考えてなかった(;・∀・)

持ち手切ってジョイント加工

参考動画に従って持ち手を切ってジョイントで取り外し・接続できるようにします。少しでもコンパクトにするべく!

パイプカッタで園芸支柱の持ち手を切ります。中はスチールパイプです。

細めの園芸支柱(φ11mm)にスポンジシート(1.5mm厚)を巻いてジョイントの芯にします。いずれもまたまたダイソー。

支柱を25cmほどに切って瞬間接着剤でスポンジシートに巻き付けます。これを切った持ち手に差し入れ接着します。これにもう一方の鎌を差し込めばOK!!

これで車にも乗せられるでしょう!

動作

This is EVILの鎌.. Everything is EVILの鎌… すべては…EVILの鎌だ!!

ちなみに、マスクは100均で購入して、光る手袋は前に作ったやつです。

“キング・オブ・ダークネス” EVIL の鎌を自作

手袋は配線まみれなのでハロウィンまでに改良の予定です 🙄 

なんか造形ハマりそう。。。