「石巻貝」タグアーカイブ

ラズパイでタイムラプス ー 石巻貝の軌跡 ー

我が家の水槽ににて、金魚ちゃんとヤマトヌマエビと共存してらっしゃる石巻貝の
位置が水槽を見るたびに変わるのでタイムラプスで撮影してみました。

金魚水槽にヤマトヌマエビ&石巻貝 水質検査も実施

 

 

システム概要

タイムラプス撮影するシステムは非常に単純でラズパイ3にUSBカメラを繋いだだけです。

 

USBカメラ

カメラには以下を使用しました。

防犯カメラ用の屋外カメラですのでなかなか便利なカメラです。
CdSセルが内蔵されており暗闇時には自動でナイトモードとなり赤外線LEDを点灯し白黒で撮影します。

 

ラズパイ設定

ビューワ guvcview

カメラを接続して配置や画角の設定の調整のためのビューワにはguvcviewをインストールして使用いたしました。

webカメラ撮影(guvcview)

 

静止画撮影 fswebcam

静止画撮影にはfswebcamをインストールして使用いたしました。
コマンドで画角やファイル名などを指定して撮影します。
 

参考

システム構築 Node-RED

タイムラプスのシステム構築にはNode-REDを用いました。
詳細は次節で記載いたします。


 

Node-RED

1分おきにfswebcamで静止画撮影を実施します。

①撮影トリガ インジェクトノード

カメラ撮影のためのトリガです。1分おきに定期的に動くようにしています。また撮影したjpegファイル名を1づつ増やすためにPayloadに”1″を指定しています。

②jpegファイル名生成 ファンクションノード

グローバル変数sumに前段ペイロードの”1″を足して4桁の連番jpegファイル名を生成しています。

fswebcamカメラ撮影ノード

execノードでfswebcamコマンドを実行して静止画撮影します。
前段の連番ファイル名を受けて1280×720サイズで撮影して保存します。

④ファイル名 連番リセット

前段のインジェクトノードをクリックするとこのファンクションが起動して、グローバル変数sumをリセットします。

 

タイムラプス

一晩撮影して静止画を繋いで(Photoshop使用)、タイムラプス動画を作りました。

1800倍速

300倍速

 

石巻貝が縦横無尽にうごき回っていますwww
なにしてるんだろう? 🙄 www なんかうける

おわりに

ゆくゆくは太陽光発電で長期の撮影も実施したいと思っています。
今回は1分おきの撮影でしたが、スパンが長くなると省電力のためにカメラの電源を落としたりラズパイをスリープしたくなりますよね。

ラズパイのUSB給電は以下のコマンドで実行できます。
USB給電OFF: sudo sh -c “echo -n “1-1″ > /sys/bus/usb/drivers/usb/unbind”
USB給電ON : sudo sh -c “echo -n “1-1″ > /sys/bus/usb/drivers/usb/bind”

ラズパイのスリープについてもおいおい勉強したいと考えております。

金魚水槽にヤマトヌマエビ&石巻貝 水質検査も実施

Amazonで購入

「熱帯魚通販のネオス」さんで購入しました!

北海道まで大丈夫かと少し心配でしたがこのように届きました。

取り扱い注意、熱帯魚のマークがあるんですね!

開けるとこのように新聞紙にくるまれて、

袋に入っていました!

石巻貝の方は一見わかりませんがヤマトヌマエビの方は動いているので元気そうです。

とりあえず袋の口を開いて浮かべて

石巻貝の方は15分位してから入れました。

弱っているとひっくり返って起きれない場合があるそうなので、壁にくっつく貝は壁につけて、つかない貝は平な所に置いたりしました。

ヤマトヌマエビの方は袋に穴を開けて水が自然に混ざるようにしました。

その後、30分後位にエビも袋から出して水槽に入れました。

ヤマトヌマエビは隠れてほとんど出てこない

最初はそのあたりをあちこち動いていましたが、すぐに隠れて見えなくなってしまい、翌日からはもう物陰に隠れて全然出て来ないので、姿が見れません^^;

自分より大きい魚とかがいると隠れてしまうようなので、とりあえず石にアワビ貝を立て掛けてエビの隠れ家を作りました。

石巻貝の産卵について

石巻貝も水槽を綺麗にしてくれていますが、全然知らなかったのですが、産卵します。

入れてその日のうちに産卵、翌日からも増え続けるので・・正直ショックです。
コケ取りの為に石巻貝を入れようと思う方は注意した方が良いと思います…。
苔より卵取りのほうが大変になりそうです…。

苦手な方は見ないで済むようリンクにしますが卵の写真はこんな感じです。

写真1 写真2

どうも、全く産卵しないという人もいるようで、硬度が高いと産卵しやすいという情報も見かけました。

水質検査

先日購入した水質検査キット!!

こちらで検査してみました。

半分に切れば50回分使えるとのレビューを拝見し早速切って使ってみました。

① カルキ抜き後の水道水
② 水替え前
③ 水替え後

幸い亜硝酸は少なかったですが、硝酸塩が高い!
どうやら硬度も高いっぽいです。

上から
NO3-(硝酸塩)、NO2-(亜硝酸塩)、GH(総硬度)、KH(炭酸塩硬度)、pH(pH)、Cl2(塩素)

ケースに見方が書いてあります。

中に入っている説明書には説明と水質の事も書いてあります。

硝酸を下げようと水替えをして、更にブクブクフィルターも交換してしまったら案の定白にごり発生しました・・ 亜硝酸塩が・・・

水槽に入れていたセドナ石とアワビ貝殻と水晶等の石を取り出し水替えをした割に硬度も下がってないですね。
砂利が硬度を上げているのかもしれません。

硬度を下げるにはソイルが良いそうなので追加を検討しています。

しかし産卵ペースは落ち着いた気がします。

 

この水質検査キット便利!!!と感動していたら、今日検査中に全部水没させました  il||li _| ̄|○ il||li

買って間もないのに… 現在 Amazonで品切れ中・・ショック

現在の様子

ヤマトヌマエビの隠れ家を入れました。

丸くてかわいいですし中も広々して良いかな、と思い、「ジェックス 癒し水景 素焼きの隠れ家 ドーム中」を購入しました。(Amazon が売り切れ中なのでヨドバシカメラ通販で購入しました。)

最初はアワビ貝の下の狭〜い空間に隠れていて…先程書きましたが硬度を下げる為石や貝を取り出したところヤマトヌマエビ達はブクブクフィルターの裏や下の方へ・・^^; フィルターを浮かしながらドームの下に隙間を作り、なんとか2匹をドームの中で誘導完了…

翌日には中のエビが増えていたので、いつの間にか皆移動したのかな…?

昼間、たまに懐中電灯で覗くと中で「ツマツマ」(エビのことを調べているとこの表現をよく見かける)しているのが見えます。

でも光を当てるとなんとなく嫌そうなので辞めた方が良いですね・・・?

 

水槽の様子・・・ 水があまり綺麗ではありません。