Home Made Garbage

動画背景の上に、動画の再生位置に合わせて画像・テキストを表示する

お母ちゃん お母ちゃん  2018.9.29 
ホーム
電子工作
Raspberry Pi
IOT
WEB

動画背景の再生位置に合わせて画像やテキスト表示する

See the Pen QZwjzw by HomeMadeGarbage (@hmg) on CodePen.

timeupdate , currentTime

timeupdate、currentTime で再生位置を取得し表示を切り替える

setInterval だと タイミングがズレたりするので、currentTime を使うと各ブラウザや重さによってもズレがなく良い感じ。

要素の切り替え

要素の切り替えは

とかにすると その間 .show が繰り返されてしまうので、
1秒単位の切り捨て currentTime を比較して 秒数が切り替わったときに実行することに。

timeupdate の間隔について

currentTime を Console に出力してみると、

0.247927
0.497577
0.747397
0.997478
1.251011
1.497557
1.748116
1.997947
2.249231
...................

という感じになり、間隔は毎回違う様子なので、0.1単位とかで調整するのは難しいかも。

試してないけどこちらのブログが参考になりそう。

video/audio 要素の timeupdate イベントを高頻度にする | tech – 氾濫原

リンクなど

吹き出しのCSSはこちらを参考にしました

Google Web Font はこちらを使用しました

Related Posts

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。コメントのみでもOKです。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

TOP