Home Made Garbage

UnitV と M5StickC で動画ストリーミングを堪能 ーエッジAI活用への道 13ー

ホーム
電子工作
Raspberry Pi
IOT
WEB

前回はUnitVで撮影した画像をシリアルでM5StickC に転送してLCD表示いたしました。
今回はM5StickCをWebサーバにしてUnitV撮影映像をストリーミングいたしました。

 

構成

例のごとくUnitVとM5StickCをUnitVに付属された4ピンコネクタケーブルでつなぐだけです。

UnitVで撮影した映像をjpeg圧縮してM5StickCにUART転送して、
M5StickCでWiFi配信いたします。

 

参考

今回はnnnさん(@nnn112358)のツイートや記事をおおいに参考にさせていただきました。
有用な情報を公開していただき本当に感謝しかありません。

UnitVコード(MaixPy IDE)

UnitVで撮影jpeg画像(320×240)を10バイトの開始データと共にUART送信します。

JPEGの圧縮率は50%にしました。
転送ボーレートは1152000にしました。

M5StickCコード(Arduino IDE)

 ESP32のWebサーバのサンプルコードHelloServer.ino とnnnさんのサーバコードを参考にコーディングしました。

起動後、以下にアクセスで静止画と動画をweb表示します。
 http://[M5StickCのIP]/pic:静止画表示
 http://[M5StickCのIP]/stream:動画表示 

 

動作

念願のUnitVによる撮影映像をストリーミング配信することができました!

おわりに

さて、だいぶ回り道しましたがUnitVとの距離はかなり縮まったと思います。
次回からはやっとハイテク金魚水槽システムの実現に向けて検討を開始したいと思います。

それではまた

Related Posts

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。コメントのみでもOKです。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください