「elchika」タグアーカイブ

obniz で冷蔵庫 牛乳残量計 製作

HomeMadeGarbage Advent Calendar 2021 |11日目

obniz IoT コンテスト2021 に牛乳残量計を応募しました。
事前にアイディア投稿することで obniz Board 1Y を提供していただき大変お得なコンテストでありました。

はじめての obniz

[amazonjs asin=”B082MDPRWZ” locale=”JP” title=”obniz Board 1Y – クラウドにつながったEaaS開発ボード”]

 

牛乳残量計

詳細は以下のサイトに記載しておりますのでザックリ紹介

[bc url=”https://elchika.com/article/c9118845-8f43-4246-85b1-7fe5cc24e4d5/”]

 

obnizに牛乳の在庫本数を設定する可変抵抗と開封済み牛乳の残量を計測するロードセルを接続して、1時間に一度測定して牛乳残量データをサーバにアップします。

PCやスマホからブラウザ上でいつでもどこでも牛乳の残量を確認できるようにいたしました。

 

運用状況

本システムは単3電池 3本で動作しております。
省電力を意識してシステム構築いたしましたが、どれほど連続動作したかといいますと

 

約2か月動作しました。乾電池の初期状態にも依存すると思うのですが、まぁまぁ動いたかなと。

こちらは1時間に一回通信してますが、通信頻度を落として長寿命化は狙えるかもしれません。

ダーターでデバイスがもらえた電子工作コンテスト

電子工作系のコンテストは事前にサンプルをくれたり、参加賞をいただけるものが多いです。
こういった施策は応募者にとって大変うれしいですよね。

私はダーターでデバイスがもらえるコンテストが大好きです。なぜならダーターだがら。
ここではこれまで実際にデバイスをゲットできたコンテストをまとめます。

 

みんなのラズパイコンテスト2018

[bc url=”https://project.nikkeibp.co.jp/pc/rpic/rpic18.html”]

 

サンプルとして事前に オムロン 環境センサ 2JCIE-BL01 をいただきました。

[amazonjs asin=”B07NB8BS2Q” locale=”JP” title=”オムロン 環境センサ 2JCIE-BL01″]

 

2JCIE-BL01をコントローラにしたラジコンで投稿しました。

オムロン環境センサ と ラズパイ で ラジコンカー − GOBERNABLES de Pi −

 

Make It Better with Sony

Spresenseを用いた作品を募集したhacksterのコンテスト です。

[bc url=”https://www.hackster.io/contests/sony”]

 

事前にアイディア投稿でSpresenseをいただきました。

[amazonjs asin=”B07H2CG1HP” locale=”JP” title=”SONY SPRESENSE メインボード CXD5602PWBMAIN1″]

 

Spresenseでバーサライタを製作して投稿しました。

Leafonyプレゼントキャンペーン

elchikaに電子工作に関するノウハウや作り方の記事を投稿するだけでLeafony がいただけたキャンペーンです。

[bc url=”https://elchika.com/dic/Leafony%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3/?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=2020Leafony_CP”]

 

Leafony をもろた -Basic Kit で基本動作確認ー

 

M5Stack Japan Creativity Contest 2020

参加者全員に金色のATOM Liteがプレゼントされるキャンペーンでした。

[bc url=”https://info.switch-science.com/m5stack-creativity-contest”]

 

 

ATOM Matrixを用いた1軸 姿勢制御モジュール SHISEIGYO-1を投稿しました。

[bc url=”https://protopedia.net/prototype/1780″]

ハードウェア作品投稿キャンペーン

elchikaにハードウェア作品の記事を投稿し、投稿が認められると豪華賞品を選択してプレゼントしていただけるキャンペーントでした。

[bc url=”https://elchika.com/promotion/akihabara2021/”]

 

景品としてM5Stack 3点セットを選択いたしました。

 

星形の倒立振子を製作して投稿しました。

[bc url=”https://elchika.com/article/52f804c0-e205-4185-8da4-a32f5e3700ba/”]

obniz IoT コンテスト 2021

2021/5/31 まで投稿受付しているobniz Boardを用いた作品のコンテストです。

[bc url =”https://elchika.com/promotion/obniz2021/”]

 

事前のアイディア投稿でobniz Board 1Yをいただきました。

[amazonjs asin=”B082MDPRWZ” locale=”JP” title=”obniz Board 1Y – クラウドにつながったEaaS開発ボード”]

 

スマート牛乳残量計を作製し投稿しました。

[bc url=”https://elchika.com/article/c9118845-8f43-4246-85b1-7fe5cc24e4d5/”]

toioの「Do!コン」

ロボットトイ toio用ビジュアルプログラミングのtoio Doを用いた作品を募集しているコンテストです。

[bc url=”https://protopedia.net/event/13″]

 

アイディア投稿の1次審査に通ると以下のモニター機材をもらえます。

toio本体セット(モニター専用 toio機材)
・ビジュアルプログラミングマット
toioムック本

[amazonjs asin=”B07MV6SS6Z” locale=”JP” title=”toio ( トイオ ) バリューパック「つくって、あそんで、ひらめいて」ロボットトイ 小さなキューブ型ロボット 一人でもみんなでも 手を動かして遊ぶ 創意工夫を引き出す プログラミング 絶対位置検出/6軸検出システム”]

 

2021/4/18現在 機材はまだ届いていませんが、着次第遊びたおしてオモシロ作品を投稿したいと思います。

2021/4/22に届きました!!うれしー!

elchikaのハードウェア作品投稿キャンペーンに応募してみた

先日 電子工作の知識共有サイト『elchika(エルチカ)』にてハードウェア作品投稿キャンペーンが開催され、
応募いたしましたのでご報告します。

[bc url=”https://elchika.com/promotion/akihabara2021/”]

ハードウェア作品投稿キャンペーン

ハードウェア作品投稿キャンペーンは2021/2/28まで開催され、投稿が認められると豪華賞品を選択してプレゼントしていただけるという大変嬉しいイベントでした。

 

星の倒立振子 SHISEIGYO-Star

私は星形の倒立振子を製作して記事を投稿いたしました。

[bc url=”https://elchika.com/article/52f804c0-e205-4185-8da4-a32f5e3700ba/”]

 

 

景品

私は応募の景品としてM5Stack 3点セットを選択いたしました。

ものすごく豪華で非常に嬉しいプレゼントです。

M5StickC以外は初めてさわるデバイスですので、ありがたく活用させていただきます!

 

はじめての obniz

電子工作の知識共有サイト『elchika(エルチカ)』にて obniz を用いたコンテスト(投稿受付期間:2021/4/12 ~ 5/16) の案内がございました。

[bc url=”https://elchika.com/promotion/obniz2021/”]

なんと事前にアイディアを申請し審査が通ると実機『obniz Board 1Y』がもらえるとのことで早速応募してみました。

 

 

obnizもろた

無事にアイディア申請が通りobniz Board 1Y をいただくことができました!

初めてのobniz。まずはobnizと私の間にある隔たりを除去し、obnizとの距離を縮めることから始めなくてはなりません。

 

通常のマイコンと異なりobnizにプログラムを書き込むのではなく、ブラウザ上(専用コンソール)でHTML (JavaScript) やブロックプログラミングでコードを作成してビルド-コンパイルなしに実行できるとのことです。

上の動画のようにWiFi接続やコンソールからの制御が本当に一瞬で出来てしまいました。

参考

 

動かしてみる

ブラウザアプリからobnizを制御

早速ブロックプログラミングでブラウザのボタンクリックで数字をカウントしてobnizのLCDに表示するアプリを製作してみました。

簡単にできてしまいました。
この距離だとあまりご利益を感じませんがこれが遠方からでもブラウザを立ち上げてobnizを操作できるということですよね。
色々応用ができそうです。

obnizからブラウザアプリを制御

次にobnizのダイヤルスイッチで数字をカウントして、ブラウザ上のアプリに表示してみました。

 

ブロックは以下のようにしました。

本当に簡単に遠隔操作が可能になりますね。

 

今後のこと

ブロックプログラムによって簡単にobnizの制御が確認できました。
コンテストへ申請したアイディアの実現のために色々と勉強、検証が必要です。

現状の疑問

今の疑問は以下です。調査しないといけません。

  • バックライト調整可否
  • ブロックプログラムでLCDフォントサイズ変更可否
     おそらくできないのでHTML にして変更かな?

obniz Board 1Y スリープ機能

obniz Board 1Yにはスリープ機能が実装されています。

[bc url=”https://obniz.com/ja/doc/reference/board-1y/sleep-function”]

スリープ起床トリガは
  ・タイマー
  ・io0の立上り/立下り
とのことです。

スリープ時には3.3V系がシャットダウンするのでESP32も落ちます。
アプリアクセスで起床などはできないんですね。残念 😥 

しかし、投稿アイディアには低消費電力化も盛り込みたいと考えております。

 

おわりに

obnizをサクッと動かしてみました。

いじりながら「ここまでガッツリ環境提供してまでブラウザから動かしたいもんかね?」と何気なくボヤいたところ

Web屋のお母ちゃんが「環境設定とか書き込み必要ないから、凄く便利」とおっしゃいました。

確かにマイコンの環境構築とか大変だし無線やアプリ連携なんてもっと大変だもんな。

 

というわけでコンテスト投稿に向けてobnizいじり進めていきたいと思います。