HomeMadeGarbage Loading

M5Stack UnitCatM を味見

ホーム
電子工作
Raspberry Pi
IOT
音楽

M5Stackから魅力的なユニットが発売されました。
Cat.M1/NB-IoT対応の通信モジュールSIM7080Gが載ったユニットです。

Cat.M1やNB-IoTとはLTE通信規格の一つで通信帯域は狭く高速ではないものの
低消費電力でIoT端末向けであるとのことです。

とにかくLTE携帯通信網が利用できる通信モジュールがこんなにも低価格で入手できたことは喜ばしい限りです。

 

 

UNITCatM

到着したので早速いじってみました(9/10購入 9/16 DHLで着)。

 

まずはUSBシリアルモジュールを介してパソコンでATコマンドを送ってみました。

 

 

問題なくATコマンドが通りました。
ボーレートは115200でした。

 

LTE通信

ATコマンドが通りましたのでSIMカードで通信テストをしてみました。

通信モジュールSIM7080Gはdocomo、au、ソフトバンクいずれのキャリアも対応しているようです。

そこでスマホのSIM (Jcom SIM au網)を突っ込んでみました。
UNIT CatMのケースをあけるとnanoSIMスロットがあります。

 

以下を参考にATコマンドでAPN設定しました。

 

問題なく通信が確立され、pingやNTPによる時刻取得が確認できました。

 

 

APN設定後に通信が確立するまでのタイミングがまちまちなので、
なにか必要なコマンドがあるのかもしれません。勉強します。

参考

 

今後の目標

とりあえず通信は確認でき どうやらCat.M1で接続されたようですが、NB-IoTを指定できるのかなど色々ナゾです。

ATコマンドの資料やアプリケーションノートで学習が必要となりそうです。

当面は以下を目標に勉強したいと思います。
できるかもわかりませんし、できたとして全て実行するかは現状わかりません。

  • 格安データSIM探して契約
  • 基地局の座標取得 (GNSSというワードもチラついている)
  • FTP通信
  • コントローラ選定
  • パワーセーブ
  • ビンに詰める
  • 川に投げる

Related Posts

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。コメントのみでもOKです。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください