HomeMadeGarbage Loading

ガンプラつくった

ホーム
電子工作
Raspberry Pi
IOT
音楽
Home > 工作・ハンドメイド > ガンプラつくった
すき 0
うんこ 0

2023年はガンプラにハマってたくさん作りました。

またガンプラ熱にやられている5

 

そのハマった勢いでゲルググとギャンを購入したのですが。。

 

パチ組みまでして、以後どのように仕上げるかを検討しきれず放置したままとなってしまったのでした。。

 

 

基本工作

せっかくのお正月休みにゲルググとギャンを仕上げることにしました。
どのように仕上げるか結論が出ないまま放置してしまったので今回はキッチリ基本工作を施して軽くウェザリングでフィニッシュとしました。

ジオンのMSは曲線が多くてスジボリ追加とか難しいから。。
かっこよくディテールアップできるモデラ―にマジであこがれるわ。

まぁ今回は久しぶりのプラモデル製作ですし とにかく仕上げることを目標としました。

パチ組みの状態のゲルググに対してゲート処理、表面処理、合わせ目消しの基本工作を施しました。

 

ギャンも同様に処理

 

AudiostockでBGM・効果音を販売中!

墨入れ

基本工作後に墨入れを実施しました。

 

墨入れにはガンダムマーカー 流し込みスミ入れペンを使用しました。

 

ゲルググ 墨入れ完了

 

ギャン

デカール貼り&トップコート

手持ちのデカールを控えめですが要所要所に貼ってトップコートしました。

 

デカール貼りの際にはマークセッターを使用しました。

 

トップコートはつや消しクリアを吹いています。

ウェザリング

仕上げにリアルタッチマーカーで汚しをいれて仕上げました。

ゲルググは濃い部分にはグレー3、淡い部分にはブラウンを使用して汚しました。

 

ギャンは濃い部分にはグレー3、淡い部分にはグレー2を使用して汚しました。

 

 

それぞれのパチ組みとの比較です。

 

 

おわりに

滞っていたガンプラ製作でしたが、ディテールアップなしの基本工作とちょっとした汚しの簡単フィニッシュでいい感じに仕上げることができました。

次は勉強のためにディテールアップも実施したいのですが、ジオンのMSが好きなので曲線が多く加工が難しいのが悩みどころです。

どっかのタイミングで挑戦しないといつまでたっても上達しないよねぇ

次の記事

HGUC ガンダム Mk-Ⅱ つくった

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。コメントのみでもOKです。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください