Home Made Garbage

マリオカート ライブ を自作

ホーム
電子工作
Raspberry Pi
IOT
WEB

先日、任天堂が『マリオカート ライブ ホームサーキット』なるSwitchソフトの発売 (2020/10/16)を発表しました。
ラジコンカーにカメラが搭載され、自宅がサーキット場になるという画期的なシステムで大変驚きました。

すごく話題になり、まだ発売前ですし9月24日現在 予約も難しい状況。。。

しかたないので作りました。

 

 

ニセ マリオカート ライブ

まずは完成品の動作をご覧ください。

ゲームコントローラで操作できリアルタイムに機体のカメラからの映像を観ることができます!

システム概要

システムは以前、WebRTC Native Client Momo を用いて作ったショベルカーとほぼ同様です。

WebRTC Native Client Momo で FPVラジコンを堪能

Momoによる配信映像を観ながらゲームパッドでモータを制御します。
ゲームパッドの入力はOSC(OpenSound Control)通信でPCからラズパイに送信し、ラズパイカメラによる映像はMomoでPCブラウザに転送されます。

 

機体

機体は以前購入した有線のマリカーラジコンを改造して製作しました。

 
前輪はサーボで傾きを変えて右折左折を実現します。
後輪は元々搭載されていたDCモータを使用して前進後進を実現します。

 

構成

 

 

制御系

以前の遠隔ショベルカーの時と同様に、TouchDesignerを使用してPCに接続したゲームパッドのボタンを検出してOSC送信でしました。

OSC信号をラズパイのnode-redアプリでうけて、モータとサーボを制御します。

 

Raspberry Pi Zero W について

Raspberry Pi Zero Wはスイッチサイエンスで購入可能ですが、1ユーザ1個までの数量制限があります。

仕方ないので今回はピンヘッダを実装済みのRaspberry Pi Zero WHを購入しました。
しかしコレピンの向きが嫌なんですよね。。。

ラズパイZeroの公式ケースに合わないんだもん。。。

 

しょうがなくピンを外して、実装しなおしました。

追記:本家プロトタイプ

なんと本家のマリオカート ライブのプロトタイプもラズパイZeroを使用しているようでした。

 

USB WiFi接続されてるからラズパイ Zeroでしょうね。Wじゃなく。

 

弊ニセ マリオカート ライブもなかなかいい線いっていたってことですねww

Related Posts

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。コメントのみでもOKです。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください