Home Made Garbage

WooCommerce:Stripe の設定・注文テスト

お母ちゃん お母ちゃん  2018.11.2 
ホーム
電子工作
Raspberry Pi
IOT
WEB

WordPress + WooCommerce で音楽販売サイトを作成しました。

フリートラック提供 / オリジナルトラック販売

WordPress + WooCommerce で デジタルコンテンツ販売のECサイトを作成

今回は Stripe の設定と注文テストについての記録です。

Stripe の設定

エンドポイントの設定

  1. WooCommerce > 設定 > 決済 > Stripe の 「管理」をクリック
  2. 「Stripe アカウントの設定」 をクリック
  3. Stripe にログイン
    * Stripe を初めて開いた時の設定は覚えておらず省いています
    ( WooCommerce インストールの際の設定画面で「Stripe」を選択したので、アカウント自体は作成されていたような気がします。初回ログイン時は住所など色々設定があった気がしますがスクリーンショットをとっておらず記憶がおぼろげ。)

  4. 「エンドポイントの追加」をクリック
  5. WPのStripe設定画面(2.)に表示されているwebhook エンドポイントをコピペし「エンドポイントを追加」
    4.の画面(Webhook)に追加されます。

APIキーの設定

  1. Stripe の APIキー
    「本番環境のキーを表示」をクリックして表示させる

  2. WPの WooCommerce > 設定 > 決済 > Stripe
    ・ライブ公開可能な鍵に APIキー(2.の画面)の「公開可能」
    ・ライブ秘密鍵に 「シークレットキー」 
    を設定し、ページ下部の「変更を保存」

注文テスト

テスト用APIキーの設定

  1. WP の WooCommerce > 設定 > 決済 > Stripe 
    「テストモードを有効化」にチェックを入れる

  2. Stripe の APIキー
    「テストデータを表示する」をONにし、「テスト用キーを表示」をクリックして表示させる

  3. WP の WooCommerce > 設定 > 決済 > Stripe (1. の画面)
    ・テスト用公開可能な鍵に APIキー(2.の画面)の「公開可能」
    ・テスト用秘密キーに 「シークレットキー」 
    を設定し、ページ下部の「変更を保存」

  4. 支払い画面
    クレジットカードがテストモードになり、テストが可能になる

テスト

注文受付画面

注文処理を実行後の画面

注文完了メール

メールも届く

WPで注文の確認

WP の WooCommerce > 受注 

注文をクリックすると詳細を確認出来る

DL数の確認やファイルへのアクセス権の管理も出来る

レポート画面

期間を絞っての確認や商品別、カテゴリ別など色々確認出来る

Stripe で注文を確認

Stripe 上でもテストデータを確認出来る

テストモードを元に戻す

テスト完了後は WP と Stripe で テストモードを解除する

  1. WP の WooCommerce > 設定 > 決済 > Stripe 
    「テストモードを有効化」のチェックを外し、ページ下部の「変更を保存」

  2. Stripe の APIキー
    「テストデータの表示中」をオフにする。(左側のメニューからでも可)

  3. 支払画面のカードの表示が元に戻る

 

ざっと記録用で雑で申し訳ないです。
それにしてもWooCommerce と Stripe で無料でここまで出来るというのはすごいですね。

Related Posts

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。コメントのみでもOKです。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

TOP