Home Made Garbage

Bleedin’ earring

ホーム
電子工作
Raspberry Pi
IOT
WEB

Twitterにて面白い作品を見つけました。

線上のLEDで血の流れを表現して、さらに床にLEDを配置して地面ポタッをも表現しています。

製法の詳細は以下に記載がございます。

Blood! Ectoplasm! Dripping, weeping buboes! NeoPixels and math team up to create a gruesome illusion…this oozing prop is a completely DRY effect!

これを参考にイヤリングを製作してみましたので報告いたします。

 

 

構成

部品

 

動作

滴りをテープLEDで実現しました。
そして地面ポタッをレーザで表現してみました。これによってポタッ地点の自由度が増します。

Bleedin’ earring

レーザはマイコンAdafruit Trinket M0のGPIOで直接駆動しています。意外といけました。

 
電源にはLiPoバッテリを使用。

 
10セルのテープLEDを使用。

Arduinoコード

本家は重力加速度なども加味して滴りのリアルさを追求しておりますが、
ここでは簡単のためdelay時間で等加速度運動を表現しています。

滴りタイミングは乱数で0.5~3.0 secでバラつかせています。

 

Related Posts

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。コメントのみでもOKです。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください