Home Made Garbage

Small Word Clock Kitをプログラミング ー Party Parrot ー

お父ちゃん  2020.5.30 
ホーム
電子工作
Raspberry Pi
IOT
WEB

前回は Makerfabs 様よりいただいたSmall Word Clock Kitを自分でプログラミングできるように開発環境を整えました。

Small Word Clock Kitをプログラミング ー PICマイコン入門 ー

今回は好きな画像を表示できるようにいたしました。

 

 

Party Parrot

ここでは Party Parrot を表示できるようにいたしました。

素材(chillparrot.gif)は以下で入手いたしました。
 https://cultofthepartyparrot.com/

Small Word Clock Kitの12×10のLEDマトリクスに表示するために、gifをBMPに分解して12×10に縮小しました。
gitの画像の4枚分を加工してバイナリにして、Small Word Clock Kitに書き込みました。

Small Word Clock Kitのメモリ的に4枚が限界でした。
マイコンはPIC16F887が搭載されており、メモリは14KBです。
Arduino UNO (32KB )より少ないんですよね。

コード

前回と同様に、PICマイコン用統合開発環境ソフトウェアMPLABでコーディングしました。

myBitmapがParty Parrotの4枚のバイナリデータです。

 

動作

解像度12×10でちょっと粗すぎますが、雰囲気はでていますww

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Small Word Clock Kit #Makerfabs

HomeMadeGarbage(@homemadegarbage)がシェアした投稿 –

 

 

ついにPICマイコン搭載のSmall Word Clock KitのLEDマトリクスに自由自在なる表示ができるようになりました(恐らく)!!
お父ちゃんにとって初のPICマイコン製品でしたので大変うれしいです。

 

隣にあるのは、以前おいじりしたMakePython ESP32 Color LCDです。

Makerfabs製品を提供いただきました

 

Related Posts

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。コメントのみでもOKです。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください