HomeMadeGarbage Loading

Arduino MKR WiFi 1010 ベランダ太陽光発電 温湿度センシング検討

ホーム
電子工作
Raspberry Pi
IOT
音楽
Home > 電子工作 > ソーラー発電 > Arduino MKR WiFi 1010 ベランダ太陽光発電 温湿度センシング検討
すき 0
うんこ 0

2021/9/22からベランダに設置している、太陽光発電 気象観測システムが止まることなく無事に北海道の厳しい冬を越すことができたことを前回報告させていただきました。

Arduino MKR WiFi 1010 ベランダ太陽光発電 気象システム 無事越冬

 

長い冬が終わり気温が上がってきまして、ずーっと保留にしてきた比較的気温が高い時に発生する温度と湿度の値の跳ね上がり現象が現れ始めました。

 

腰を据えてこの問題と向き合いましたので報告いたします。

 

温湿度センサ交換

これまで温湿度センサはDHT11からDHT22にかえて運用してきましたが、いずれも値の跳ね上がり現象が発生しています。

Arduino MKR WiFi 1010 をソーラで楽しむ 3 -温湿度センサ変更-

新温湿度センサ SHT31

凝りもせず再び温湿度センサを変えてみました。

https://github.com/adafruit/Adafruit_SHT31

 

 

しかし、結果は変わらず日中に値が上昇する結果となりました。。。

ということは日中お弁当箱の中は確実にこの温度になっているということです。

 

お弁当箱 加工

お弁当箱を百葉箱のように通気性がよく直接日光が当たらないように工夫しました。
側面に穴を複数開けて、フタにプラ板で天井を設けました。

あっさり解決しました。。w

屋根が効いたようです。早く気づけよという話ですね。。。

温湿度センサのDHT11とDH22  疑ってごめんなさい 😥

 

引き続き運用続けます。

追記

2022/6/1 データ取得頻度変更

 

データ取得頻度を10分から3分に変更しました。
消費電力は増えますが問題なく太陽光発電で運用できています。

次の記事

Arduino MKR WiFi 1010 ベランダ太陽光発電 気象観測システム 1周年

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。コメントのみでもOKです。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください