Home Made Garbage

Wio Terminal でカメラ画像を表示2 ー LovyanGFX 編 ー

ホーム
電子工作
Raspberry Pi
IOT
WEB

前回はAIカメラのUnitVの撮影画像をビットマップで Wio Terminalに送信して表示しました。

Wio Terminal でカメラ画像を表示

メモリ不足のためビットアップでは160×120サイズでの表示にとどまりましたが、
今回LovyanGFXライブラリを使用させていただきJPEGでの画像取得・表示が可能となり、
全画面表示(320×240)できましたのでご報告します。

 

 

UnitV用 MaixPy IDEコード

UnitVでの撮影画像(QVGA: 320×240)をJPEGに圧縮(圧縮率 50%)してUART送信します。

転送ボーレートは1152000にしました。
35ピンから画像ビットマップデータを送信しています。

Wio Terminal接続

前回と同様に、UnitVをWio Terminalの裏面40ピンヘッダの5Vとシリアル受信ピン(Serial1)に接続しました。

 

LovyanGFX ライブラリ

LovyanGFX は、@lovyan03さんによって開発された高機能・高速動作グラフィックライブラリです。

JPEG表示機能 も兼ね備えており、今回ありがたく使用させていただきました。
 

Arduino IDEのライブラリマネージャより簡単に導入できます。

Wio Terminal Arduinoコード

裏面のシリアルピン(Serial1)でUnitVからのJPEG画像データを受信します。

LovyanGFXのdrawJpg()でJPEG画像をWio TerminalのLCDに表示しています。

 

参考

 

動作

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

JPEG #WioTerminal

HomeMadeGarbage(@homemadegarbage)がシェアした投稿 –

 

JPEG送受信&表示でカメラ画像をWio TerminalのLCDディスプレイ前面に表示することができました!!

Related Posts

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。コメントのみでもOKです。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください