Home Made Garbage

Wio Terminal でUSB Host機能を堪能

ホーム
電子工作
Raspberry Pi
IOT
WEB

Wio Terminal はUSB Host機能を有しUSBデバイスを接続することが可能です。

早速キーボードを繋いで試してみましたので、報告させてください。

 

 

USB Host

Wio Terminal でUSB Hostを使用するには USB Host Library SAMD が必要となります。
以下を参考にライブラリを導入しました。

キーボード接続

Wio Terminalにキーボードを繋いでみました。以下を参考に進めました。
 https://wiki.seeedstudio.com/Wio-Terminal-USBH-Keyboard/

USB-C OTG ケーブルを介してキーボードをWioに繋ぎます。

 

 

 

 

USB Host機能を使用時には給電とUSBシリアル通信ができないので、
Wioの裏面の40ピンヘッダを使用します。

 
USBシリアル変換ケーブルの電源は3.3Vに設定しています。

Serial1で出力してTera Termなどのシリアル通信ソフトでモニタ出来ます。

 

USB Host 動作

Wio Terminalにキーボードを繋いで、キーにブザーの音階を割り振って演奏してみました。

LCDディスプレイに音階も表示しています。

Arduinoコード

キーボード動作については以下を参考にしました。
 https://wiki.seeedstudio.com/Wio-Terminal-USBH-Keyboard/

ディスプレイ表示については以下を参考にしました。
 https://wiki.seeedstudio.com/Wio-Terminal-LCD-Basic/

ブザーについては以下を参考にしました。
 https://wiki.seeedstudio.com/Wio-Terminal-Buzzer/

 

注意

USB Hostのコードを書き込むと以降はWio TerminalのUSB-CコネクタとPCを接続しても、認識されません。

その際にはWio Terminal側面の電源ボタンをトトンと素早く2回下に下げて書き換えモードにしてください。
 

参考:Wio TerminalのUSB書き込みエラーの回復方法

Related Posts

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。コメントのみでもOKです。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください