HomeMadeGarbage Loading

ディテールアップと仕上げ ーガンプラへの道3ー

ホーム
電子工作
Raspberry Pi
IOT
音楽
Home > 工作・ハンドメイド > ディテールアップと仕上げ ーガンプラへの道3ー

前回はエントリーグレードのガンダムに部分塗装と穴埋め加工を一通り施しました。

部分塗装と穴埋め ーガンプラへの道2ー

 

今回はディティールアップとトップコートによる仕上げを実施いたしました。

 

 

スジボリ

機体表面にパネルラインを追加する”スジボリ”作業をやってみました。

まずは鉛筆で下書きしてデザインを検討

 

クリアファイルを切ったモノを下書きのデザイン通りに切って両面テープで固定してガイドにしました。

 

スジボリ用のガイドテープは市販もされていますが。。

 

クリアファイルを使用する方法は以下を参考にさせていただきました。
クリアファイル家にあまりまくってるので、これは非常によい利用方法ですね!

 

キットのモールドや逆エッジを彫り込んだ時と同様に まち針を芯代わりに仕込んだシャーペンでスジボリしました。

初めてなりに頑張った 🙄 。

 

一通り全身にスジボリを施して墨入れしました。
RGのガンダムを何となく参考にして彫っていきました。

 

左:素組み 右:製作品

 

スジボリによってグッと巨大ロボットらしくなりました♪

こんなに効果あるならちゃんとした道具揃えてもっと練習したいな。

 

デカール貼り

エントリーグレードのガンダムにはシールやデカールはついてないのでRG用のデカールを購入いたしました。

 

デカールを貼る位置は以下を参考させていただきました。

 

通常の方法で水につけて貼っていったのですが、 貼り付け後の水抜きが不十分であったり 凹凸ある個所は乾燥後にポロっとはがれてしまいました。。

 

そこでデカールを軟化させつつノリで付けるマークセッター を購入しました。

 

マークセッター を使用したデカールの貼り方は以下を参考しました。

 

めちゃめちゃかっこよくなった!!!

 

トップコート

最後につや消しスプレーしました。

 

2回スプレーしました。

 

わかりにくいですが、色が落ち着いてデカールも馴染みました♪

 

正直トップコートの効果についてよく理解せずにネット情報に従い世間体でスプレーしてみたのですが、結構変化が大きくて驚きました。

表面がすこしざらついて実体感が増しました。

 

おわりに

今回はスジボリ~デカール貼り~トップコートを実施しました!

 

メチャクチャかっこよくなった!

 

前回も含めて 各工程の効果を知ると もう素組みには戻れないなぁ。。
ドンドンおもちゃ感がなくなっていくんだもん

 

次は汚しに挑戦かなぁ。

Related Posts

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。コメントのみでもOKです。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください