3Dスキャナー CR-Scan Lizard で黒いサンプルをスキャン

前回はCR-Scan Lizardで取り込んだ3Dデータの加工の検討を実施しました。

3Dスキャナー CR-Scan Lizard を使ってみた

 

ここではスキャンの際に注意が必要であった黒いサンプルのスキャンについて報告いたします。

CR-Scan LizardはMakuakeにて予約販売中です (2022/4/1~ 5/30)

 

 

黒いサンプルをスキャン

背中が黒いペンギンをスキャンしてみました。

 

動画のようにスキャン時の赤外線照射輝度(Brightness)をデフォルトの2から3に上げることで無事にスキャンできました。

 

照射輝度は1~4で選択可能です。
スキャンするサンプルや環境によって輝度の調整が必要になる場合がありそうです。
プレビュー時によく確認するのが良いと思います。

 

おわりに

赤外線照射輝度を調整することで黒いサンプルでも出来ることがわかりました。

パソコンとCR-Scan Lizardを携えて、街のオブジェをスキャニングにお出かけしたい気分になりますね(怒られるか?)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください