Home Made Garbage

電子ペーパーと Blynk でリモートメモ帳

ホーム
電子工作
Raspberry Pi
IOT
WEB

先日DFRobot様より提供いただいた電子ペーパーモジュールで Blynkでユビキタス(いまでも使われているのこの言葉?)に書き込めるメモ帳をこしらえてみました。動作は一番下に動画リンクしていますー

構成

電子ペーパーモジュールをFirebeetle ESP32に載せてスマホアプリBlynkでテキストを書き込んで電子ペーパーに表示させます。

部品

国内ですと以下で手に入ります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FireBeetle ESP32 IOTマイクロコントローラ
価格:2841円(税込、送料別) (2018/11/10時点)

楽天で購入

Blynk設定

スマホとFireBeetle ESP32 IoTマイコンボードはスマホアプリのBlynkを用いてWiFi通信させます。Blynkアプリのバージョンは2.27.1。

 

新規プロジェクトを作成します。HARDWRE MODELはESP32 Dev Boardを選択。CONNECTION TYPEはWiFiを選択。AUTH TOKENはArduinoコード生成時に使用します(メールで送信されます)。
 

Text Inputウィジェットを4つ配置します。それぞれ出力をヴァーチャルピンV1〜V4にしました。
 

電子ペーパーモジュール書き込み内容をBlynkアプリのText Inputウィジェットへ読み込む際のReadボタンも配置します(ヴァーチャルピンV0)。
 

上図のようにText Inputウィジェットを4つ、Read用ボタンを1つ配置しています。

Arduino IDEコード

FireBeetle ESP32 IoTマイコンのArduino用ファームウェアはFireBeetle-ESP32 Mainboardのバージョン0.0.7を使用します。

電子モジュール用ライブラリとして以下を使用します。字表示は中国語と英語のみサポート(2018年12月)。

詳細は以下のブログも参照ください。

DFRobot 電子ペーパー モジュールを使ってみた

更にBlynk用ライブラリも使用します。バージョンは0.5.4。
 https://github.com/blynkkk/blynk-library

[スケッチの例] -> [Blynk] -> [Boards_WiFi]-> [ESP32_WiFi]を参考にコード生成しました。

 

動作

Text Inputウィジェットに文字入力するたびに電子ペーパーモジュールに内容が表示されています。またReadボタンタップで書き込んだ内容がText Inputウィジェットに読み込まれます。

買い物リストとか付箋に書いといたりするんだけど、いざ買い物のときに付箋家に忘れたりスマホのメモだと家族と共有しにくいので、こんな感じでリモートで読み書きできるメモディスプレイは便利ですね。電子ペーパだと低消費電力ですし。

Related Posts

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。コメントのみでもOKです。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください