Home Made Garbage

DFRobot FireBeetle ESP32 IoTマイコンの設定方法

お父ちゃん お父ちゃん  2018.11.12 
ホーム
電子工作
Raspberry Pi
IOT
WEB

DFRobot様より提供いただいたマイコンの環境設定方法を記載します!

FireBeetle ESP32 IoTマイコンとは

DFRobotが展開するFireBeetleシリーズのWiFiとBluetooth内臓のESP32を搭載したマイコンです。FireBeetleとは低消費電力で使いやすいIoT​​開発プラットフォームのハードウェアシリーズです。ESP32搭載の他にESP8266搭載のFireBeetleなど各種存在します。

オフィシャルショップは以下

国内ですと以下で手に入ります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FireBeetle ESP32 IOTマイクロコントローラ
価格:2841円(税込、送料別) (2018/11/10時点)

楽天で購入

仕様

  • 動作電圧 3.3V
  • 入力電圧 3.3〜5V
  • USBとLiPoバッテリーでの電源供給ポート2種搭載
  • USBでのLiPoバッテリー充電をサポート
  • 内蔵LED:D9ピン
  • ESP32搭載
    クロック周波数:240MHz
    SRAM;520KB
    Flash:16MB

Arduino環境設定方法

  • メニュー [ファイル]->[環境設定]内のAdditional Boards Manager URLsに以下を追加(すでに他のjsonを入力してる場合はカンマで仕切る)して[OK]をクリック


  • メニュー [ツール]->[ボード]内の[Board Manager]を選択
     
  • [Board Manager] 内の”FireBeetle-ESP32 Mainboard”を選択し[Install]をクリック


     

  • インストール後メニュー [ツール]->[ボード]内に”FireBeetle-ESP32”が追加されるので選択。シリアルポートも指定します。

内蔵LED Blinkプログラム

環境が整いましたので早速プログラムしてみます。D9ピンに内蔵LEDが接続されていますので定番の内蔵LEDを1秒おきにON/OFFする以下のコードを書き込みます。

動作

内蔵青LEDが1秒おきに点滅しております♪

おわりに

無事にFireBeetle ESP32 IoTマイコンのArduino環境が整いプログラム書き込みまで確認できました。LiPoバッテリーポートがついていてUSB充電ができるのは便利でIoTむけですね♪

ありがたいことにFireBeetleに搭載できるeペーパー基板も提供いただいているので、載っけて動かしてみたいとおもっています。

また報告いたしますので乞うご期待!

参考

Related Posts

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。コメントのみでもOKです。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

TOP