Home Made Garbage

Blynk 新ウィジェット Image Gallery

お父ちゃん お父ちゃん  2018.12.17 
ホーム
電子工作
Raspberry Pi
IOT
WEB

いつのまにやらBlynkに新たなウィジェットが追加されておりました!
Image Galleryといって、なにやら画像をコントロールできるとのことで早速試してみました。

構成

マイコンにはESP32を使用して、可変抵抗値をWiFiでBlynkに送って画像を動かしてみます。

部品

Blynk設定

スマホとESP32ボードはスマホアプリのBlynkを用いてWiFi通信させます。Blynkアプリのバージョンは2.27.1。

新規プロジェクトを作成します。HARDWRE MODELはESP32 Dev Boardを選択。CONNECTION TYPEはWiFiを選択。AUTH TOKENはArduinoコード生成時に使用します(メールで送信されます)。
 

今回の目玉であるImage Galleryウィジェットを配置します。
 
 

Image GalleryウィジェットでINPUTでヴァーチャルピンV0を選択します。
“+ Add Image URL”で以下の5つの絵のURLを指定します。画像は弊ブログサーバにアップしました。
 

ヴァーチャルピンV0に1〜5が入力されると画像[1]〜[5]が選択されて表示されます。

Arduino IDEコード

以下のBlynkのArduino用ライブラリを使用してプログラムしました。バージョンは0.5.4。
 https://github.com/blynkkk/blynk-library

ESP32のArduino環境セットアップなどについては以下参照ください。

球体POV製作への道 その8 -ESP32 & BLINK で Dotstar制御-

 
[スケッチの例] -> [Blynk] -> [Boards_WiFi]-> [ESP32_WiFi]を参考にコード生成しました。

100msec毎に可変抵抗値を読んで、値を1〜5に正規化してヴァーチャルピンV0に書き込みます。

動作

可変抵抗を動かすと画像が切り替わっています!

Image Gallery ウィジェットかなり面白い応用ができそうですね。センサ値でオリジナルのメータ動かすとか。いろいろ試してみたいですな。

Related Posts

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。コメントのみでもOKです。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください