Home Made Garbage

ついに Blynk が ESP32 のBLEに対応

お父ちゃん お父ちゃん  2017.12.22 
ホーム
電子工作
Raspberry Pi
IOT
WEB

Blynkアプリにバージョンアップ(v0.5.0)があり、まだβ対応ですがESP32とのBLE通信ができるようになりました。 

WiFi通信は以前確認しておりまして、BLEも自由自在につかえたらなぁ。。などと思っていたのでまさに待望のソレでした♪ 

球体POV製作への道 その8 -ESP32 & BLINK で Dotstar制御-

ここではWiFiの時と同様、ESP32開発ボードにLEDテープ(Dotstar)を接続しBLE介してBlynkで発光色を制御しました。 

構成 

部品

ESP32 Arduino環境準備 

ここではArduino IDEでESP32のプログラミングを行います。Arduino IDEでの開発用ソースがインストール方法と共に以下にアップされています
 https://github.com/espressif/arduino-esp32

Macの場合は以下の記事が参考になります。

##ESP32モジュールと開発ボードをゲット###2017-2-1、秋月電子からESP32モジュールが発売されました。ESP-WROOM-32http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-11647...

Blynk設定 

新規プロジェクトを作成します。HARDWRE MODELはESP32 Dev Boardを選択。CONNECTION TYPEはBLEを選択。AUTH TOKENはArduinoコード生成時に使用します(メールで送信されます)。

BLEとzeRGBaウィジェットを配置

zeRGBaウィジットでLEDの色を設定できるようにします。
OUTPUTはMERGEを選択。それぞれ最小値0、最大値255とします。
SEND ON RELEASEはOFFにして随時データ送信できるようにします。
ここではヴァーチャルピンV0に出力するようにしました。

 

Arduino IDE 

BlynkのArduino用最新ライブラリは以下にございます。 
 https://github.com/blynkkk/blynk-library 

ESP32のBLEを使用するには、更に以下のESP32用BLEライブラリも必要となります。 
 https://github.com/nkolban/ESP32_BLE_Arduino 

LEDテープDotstarのArduino用ライブラリは以下。 
 https://github.com/adafruit/Adafruit_DotStar 

[スケッチの例] -> [Blynk] -> [Boards_Bluetooth]-> [ESP32_BLE]を参考にコード生成しました。 

Blynk BLE接続 

BlynkプロジェクトのBLEウェジットをクリックして設定します。

“Connect BLE device”をクリックして “Blynk”が表示されたら選択しOKをクリックして接続する。

動作

 

#blynk がついに #esp32 の #BLE 通信に対応!

Home Made Garbageさん(@homemadegarbage)がシェアした投稿 –

初めてESP32でBLE通信しました。なんかArduino環境でもESP32向けBLEライブラリ充実してるようなので 

やったー!いろいろ試してみたいですね 😛 ! 

Related Posts

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。コメントのみでもOKです。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

TOP