Home Made Garbage

PovRanian の筐体を3Dプリンタにて

ホーム
電子工作
Raspberry Pi
IOT
WEB

昨年末に購入した3DプリンタでPovRanian の筐体を作ってみました!
今までは木とか金具で構成していたので。。。

 

 

回転部

今回は満を持してFusion360で設計することといたしました!

マイコンやフォトリフレクタの3Dモデルも販売元から提供されており設計の助けとなりました♪

 

 
めちゃくちゃ試行錯誤して製作を進めました。。。

 

うまいこと中に詰め込み配線

 
回転部完成!

 
黒フィラメントでシックに仕上げました。

乾電池

電池もスマートに内蔵したいと考え電極を購入し、電池ボックスの設計も実施いたしました。

これまた試行錯誤して、なんとか電極を固定し単三電池をピッタリ入れるボックスが作製できました。

 

取っ手部

試作機1号

電池を持ち部分に収納する形で製作してみました。
DCモータもネジ穴を設けてきっちり固定します。

 
乾電池4本を並列に配置しましたので取っ手が太くなり過ぎました。。。

試作機2号

電池を2直列2並列に配置するようにして取っ手を細く持ちやすくしました。

 
また電源スイッチにラッチスイッチを採用しました。

試作機3号

各種微調整し、電池の極性を明示するためにケースには文字を入れてみました。

 

 

モータ収納部が円形のためか出力の際にベッドから離れて反ってしまうことがありました。

 
これはモデルを下敷き(ブリムというらしい)の上に出力することで解決しました。
意外にもブリムは簡単に取り外しできました。

 

おわりに

正月休みのほぼすべてとその後も仕事終わりに深夜まで夢中になって、筐体設計を頑張りました。

ツールの使い方から学習し、さらには形状によって変わりゆく3Dプリンタの出力具合いに悩み 試行錯誤を繰り返しメチャクチャ時間を使いました。

そのぶん木や金具を組み合わせていたのとは比べ物にならないほどに狂おしい新生PovRanianが爆誕しました。

引き続き3Dプリンタで色々なものを製作してゆきたいです!

Related Posts

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。コメントのみでもOKです。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください