Home Made Garbage

E32-SolarCharger の 入力電圧測定 ーベランダ太陽光発電所への道3ー

ホーム
電子工作
Raspberry Pi
IOT
WEB

第3 回となりますシリーズ “ベランダ太陽光発電所への道”。今回もソーラー充電コントローラ E32-SolarCharger の基礎的な動作を学びます。

 

今回は E32-SolarChargerに使用されているマイコンESP32のアナログ入力機能を使用してソーラーパネル入力電圧を測ります。

 

 

ソーラーパネル電圧

ソーラーパネルの電圧は光の照射量によって変わるようです。マイコンでこの電圧を測ってチャージ電圧の制御や照射がない時は動作停止させることができます。

販売元であるIndoor Corgi Elec.社のサイトにソーラーパネル入力端子T1の電圧測定ができるサンプルコードがアップされておりますので試してみました。

 http://indoor.lolipop.jp/IndoorCorgiElec/E32-SolarCharger/VCRG.ziphttp://indoor.lolipop.jp/IndoorCorgiElec/E32-SolarCharger/Load-Sleep.zip

IO36に抵抗10kと1.5kで分圧して電圧入力しています。

測定電圧 = 3.3 * 115 / 15 * analogRead(pinADC) / 4095 + 1.25

1.25は補正値。

動作

入力にはソーラーパネルの代わりにADALM2000の電圧出力ピンを接続しています。

 

1秒おきに電圧測定しています。いい感じに測定できています。

 

おわりに

これでソーラーパネルの発電電圧測定が可能となりました。電圧に応じてバッテリへのチャージ量や無日照時の動作停止などができそうです♪

Related Posts

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。コメントのみでもOKです。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください